コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

福島党首ら社民執行部、連立離脱を示唆 「離脱が筋」(産経新聞)

 社民党の福島瑞穂党首は29日朝のTBSテレビ番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で消費者・少子化担当相を罷免されたことに関し、「個人として罷免されたのではない。重大な決意をしなければならない」と述べ、改めて連立維持は難しいとの考えを表明した、

 そのうえで、福島氏は連立を解消することで夏の参院選での民主党との選挙協力に悪影響が出るとの懸念に対し「選挙がどうこうという問題ではない。辺野古に基地という閣議(決定)に署名したらもう沖縄に行けない。もう外を顔を上げて歩けない。それくらいの信義の問題で言ってきたことを実行すべきだ」と強調した。又市征治副党首も別の民放テレビ番組で「連立離脱は筋だ」と指摘した。

 一方、福島氏とともにTBS番組に出演した自民党の石破茂政調会長は「辞めるべきは福島さんではないそれは首相だ。『国外、最低でも県外』と発言して衆院選で票を取った。謝ってすむ、軽々しい問題ではない。民意を甘く見るなということだ」と批判した。

 また、川内博史衆院国土交通委員長(民主党)も同じ番組で、政府方針に対し「賛成しない。(移設先の沖縄県名護市の)辺野古はそもそも無理だ」と述べた。

【関連記事】
迷走と失政の責任…国益損なう首相は退陣を 
鳩山首相、福島消費者相を罷免 社民の連立離脱必至
「それはそれ、これはこれ」 社民、連立離脱の一方で民主と選挙協力
「信念通した」「与党にとどまるべき」 福島氏罷免で社民関係者
社民党が抗議声明 「署名拒否は当然のこと」
iPadが上陸

社民、「辺野古」明記の日米文書に反対確認(読売新聞)
汚職で損害、前生駒市長らに4千万円支払い命令(読売新聞)
皇太子さま 淡路花博を視察 人形浄瑠璃も鑑賞(毎日新聞)
首相動静(5月22日)(時事通信)
幼稚園に放火容疑 自称俳優を逮捕(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。